郁子(ムベ)とは何ぞや(・・?

座間歯科医院送迎 スタッフの田中です🚗

垣根にムベを育てていらっしゃるお宅がありました。

今まで『ムベ』を知りませんでしたが、

近くにいた方が『ムベよ』と教えてくださいました❣

ムベ日打て調べたら、秋になるとアケビのような実を付ける、

アケビ科のつる性木本植物で、『七五三の縁起木』、

またの名をトキワアケビとも言われています。

何故、『七五三の縁起木』と言われているのか(・・❓

それはこの木の葉が、幼木のときは3枚、その後5枚、

実が成る頃には7枚になるところからきているんですって(^_^)v‼

アケビと間違えられることがあるそうですが、その見分け方は、

アケビの葉は冬になると落ちるけれど、ムベの葉は一年中緑だそうです💚。

また、アケビの実は熟すと割れて、白い果実があらわれるのに、

ムベの実は開くことはないので、そこで見分けることが出来ます。

ムベには不老長寿の伝説があるんですよ❣

 天智天皇が生野に狩りに出かけた折り、

 8人の子供を持つとても元気な老夫婦に出会い、

 その老夫婦に長寿の秘訣を尋ねたところ、

 「毎年秋に無病長寿の霊果を食べています。」と果実を差し出した。

 その果実を一口食べた天智天皇は、「むべなるかな(もっともだ)」と、

 一言おっしゃられ、その「むべ」がそのまま名前になりましたとさ。

とっぴんぱらりのぷう(^_^)v💕

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です