Dr上原 『矯正治療の相談するのは、いつ?①』

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯などをメインに治療させていただいています。

無料矯正相談もしているので、お気軽にお声がけください🎶

 

歯並びは12歳臼歯が生えそろったところで決まるというお話をしました。

それでは矯正をするかどうか考えるは、何歳ころが良いのでしょうか?

 

矯正治療には、小児歯科矯正本格矯正があります。

今回は小児歯科矯正についてお話します🌷

 

小児歯科矯正の効果的な時期は3~10歳くらいまでです。

歯の生え変わりや、骨の大きな成長時期を利用した治療を得意としています❕

年齢が限定される治療方法です。

 

矯正歯科の診断では、永久歯の前歯から永久歯の生えてくる大きさを予測する診断方法があります。

その為、矯正の精密検査を行うと、大体将来の歯の込み具合が予想できます✨

 

小児歯科矯正は治療に適した年齢が限定されます。

小児矯正治療を希望されるのでしたら、早くて3歳(受け口の方)

多くの場合6~7歳位で治療するかどうか、考えて頂きます✨

 

同じ人に同じ装置を同じ時間、使用していただいたとしても、成長の時期=年齢により治療結果が異なります。

その為、歯並びで気にかかることがありましたら、3歳ー7歳までに矯正専門の歯医者さんを受診することをおススメします📚

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です