Dr上原 『小児歯科矯正+本格矯正 まとめ』

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯などをメインに治療させていただいています。

無料矯正相談もしているので、お気軽にお声がけください🎶

 

矯正治療は子供の時期は、一期治療🐣

大人の時期二期治療と二段階に分かれています🐔

不正咬合の種類によっては、子供の時期の治療のみで、不正咬合が改善しないことがあります。

 

Plan A = 小児歯科矯正 + 本格矯正

その方にとってPlanAは、非常に満足度の高い治療となると考えられます✨

 

両方を受けることのメリット・デメリットについて、まとめてみます🌷

 

 

<メリット>

 

非抜歯治療での矯正治療の可能性を広げる✨

*かならず非抜歯での治療ができるわけではありません。

 

本格矯正のみよりも、より良い治療が可能になる✨

 

顎の骨バランスの調和

 

・本格矯正治療の治療期間の短縮

 

・悪習癖を治し、歯列不正の悪化を防ぐ

 

・歯の生え変わりの際のスペースの保持

 

 

③将来的に外科手術を伴う治療となる可能性を減らす✨

 

顎の骨の成長期悪習癖があることで、より症状が悪化しやすいことが分かっています😭

骨の成長を完璧にコントロールする方法は、現在の医学では見つかっていません💦

小児矯正歯科では、できるだけ良くない原因を取り除き、健やかな成長を助ける治療を行います。

 

後戻りしづらい

体が成長する時期に、顎の骨もバランス良く大きくなっていると、本格矯正の治療後に安定しやすいです。

 

 

近所を歩くと、菊の花がよく咲いています。

畑に植えられたこの菊の花は、お供え用のお花でしょうか?

何だか、酢の物にしてもキレイなんじゃないかな~🌼 と思いました😊

さて、話は続きます。

 

<デメリット>

 

時間がかかる(小児歯科矯正+本格矯正)

歯の生え変わりや、顎・顔面の骨の成長を待つことが必要になります。

本格矯正のみよりも、体の成長時期の分、時間が長く必要になります。

 

費用がかかる(小児歯科矯正+本格矯正)

 

価格は、各医院によって異なります。

小児歯科矯正価格 < 本格矯正価格

となっていることが多いです。

小児歯科矯正単体よりも、費用がかかることが見込まれます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です