Dr上原 『小児歯科矯正 + 本格矯正②』

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯などをメインに治療させていただいています。

無料矯正相談もしているので、お気軽にお声がけください🎶

 

前回はPlan A = 小児歯科矯正 + 本格矯正

治療結果の満足度が非常に高い、というお話をしました。

さて、この治療にかかる、時間はどうでしょうか。

 

<時間>

小児期5年くらい

(症状によって治療に必要な期間は異なります。

何も装置がお口の中に入っていない期間もふくめ、12歳臼歯が生える12歳くらいまで、当院では生え変わりを管理していきます。)

 

成人期3年くらい

ワイヤーによる本格矯正一般的な治療期間です。

治療が難しい症例、外科手術を伴う症例ですと+αで治療期間がかかることがあります。

スピード矯正を取り入れると、より短期で治療が進むこともあります。

 

小児歯科矯正+本格矯正では合計すると、治療期間は大体8年以上かかるようです。

長いように感じますよね。

たしかに8年は長い。

でも待つことは必要なことなんです。

 

顎変形症の方だと、治療の完了時期まで更に経過観察期間は長くなります。

それは治療したあとで顎骨の成長が起こった場合、治療した顎のかみ合わせがずれてしまいます😢

身長の成長は個人差が大きく、20歳でもまだ伸び続けている方もいたりします👀

 

以上のことから・・・ 時間のパフォーマンスはそんなに良くないかもしれません💦

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です