Dr上原『小児歯科矯正 + 本格矯正①』

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯などをメインに治療させていただいています。

無料矯正相談もしているので、お気軽にお声がけください🎶

 

前回は矯正歯科のコスパについてお話しました。

 

Plan A = 小児歯科矯正 + 本格矯正

治療の満足度と、コストの検証について、検討したいと思います。

 

小児矯正治療悪い習癖を治し、スムーズな歯の生え変わりを手伝い、良い顎骨の成長を促します🌷

取り外し式装置が多いので、すっかりと使用して頂けると、痛みが少なく装置の効果も発揮されやすいです。

それでも小児歯科矯正が終了した段階では、成人矯正のように完璧にキレイにはならないことがあります😢

 

その為、1期治療小児歯科矯正治療に引き続き・・・

2期治療本格矯正を行います。

 

①非抜歯治療の可能性

小児期に十分に骨が成長していると、骨と歯のバランスが良くなります。

本格矯正で歯を抜かない治療ができる可能性が広がります。

 

②より良い治療が可能になる

小児の頃に骨の成長をコントロールしているため、顎の大きさと歯の大きさがより調和した状態になっています。

治療の限界点は顎骨の量・位置と密接にかかわっています。

 

③外科手術の可能性を減らす

顎変形症だと手術を伴う矯正治療が必要になることがあります。

小児期に悪習癖をなくし骨への悪影響をなくすことは、悪習癖による顎変形症の増悪を予防します。

 

④後戻りしづらい

矯正治療後、もとの良くない歯並びへ戻ろうとする力が生じます。

特に下の歯は後戻りがしやすいと言われています。

顎の骨をできるだけ大きくしておくことは、歯の居場所を安定させることにもつながります。

 

以上のことから

小児歯科矯正 + 本格矯正のPlan Aの治療は

最もハイパフォーマンスな効果を発揮する治療

患者様の満足度も高い治療だと言えるでしょう✨

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です