Dr上原 『矯正って何歳から?①』

歯科医師の上原 玲子です🌻

趣味は登山、とアロマセラピーです🌲

私は今、座間歯科医院で歯周病治療予防歯科小児矯正などをメインに治療させていただいています。

 

さて、今回は『矯正って何歳から?』についてです。

 

何歳頃から歯並びを気にし始めたらいいのか?

よく保護者の方から、ご相談をうけることが多い質問です。

 

下の写真のお子さんをみてください。

上の前歯が4本、下の前歯が2本 生えています❁

さて、この子は何歳でしょうか?

 

答は生後12か月👶

1才になったばかりのお子さんの口です🎉

虫歯などなく、良いですね~♪

 

歯並びとしては、どうでしょうか?

上の前歯の間には隙間がありますが、下の前歯はキッチリ並んでいます✨

 

今、乳歯の段階で綺麗で隙間がない

実はここに問題点が隠れているのです❕

 

下の前歯は少し狭そうに生えていること(ちょっとVの字がたになっていました)

上の乳側切歯が、乳切歯と比べて、少し内側に位置していることが、矯正の観点から気にかかります😓

 

現代の子なので、少し顎の大きさが小さめなのかもしれないですね。

今は1才なので、これから顎の骨も成長してきます❕

 

ただ元が小ぶりな顎の骨ですので、大き目の永久歯が生えてきた場合、歯並びはガタガタになる可能性を感じます⚠

 

ガタガタの歯並びだと、歯ブラシが難しいため、むし歯・歯周病になりやすい、見た目が気になる、などお困りになることがあります💦

今後、乳歯が生えてきた際に生理的歯間空隙がしっかりとできれば良いなあ~❁と思います。

 

でも1才じゃあ、まだ矯正治療はしてあげられない💦

次回は『矯正って何歳から②』

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です