Dr上原 『ラミネートべニア』

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯正などをメインに治療させていただいています。

 

金属アレルギー関連のラストになります、金属フリー✨な治療方法

『ラミネートべニア』についてお話ししたいと思います❕

 

ラミネートべニアは、簡単にいうと「付け爪みたい」な治療方法です。

薄いシェル状の材料(陶材やハイブリッドレジンなど)を、歯科用の接着剤でくっつけます✨

 

「クラウンブリッジ補綴学」より、写真をお借りしました。

左が削った歯で、右が被せるラミネートべニアです。

 

歯の表層部分のみを削って被せていくので、歯を削る量とても少ないのが特徴です😊

 

<ラミネートべニア 適応症>

 

・歯の唇側に、変色した詰め物が目立つ場合

 

・色が付いている着色歯

 

形が変わっている歯

 

・となりの歯との間に隙間がある歯

 

 

今の時期、次々に咲き誇る芙蓉の花です。 

儚げな美人さん✨というイメージがあり、ちょっと憧れちゃう❤

 

 

ラミネートべニアが不適応なのは・・・

歯ぎしりがある方、歯のエナメル質が十分にない方には、オススメしないです💦

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です