すごいですね! 本庶先生🎵 

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯正などをメインに治療させていただいています。

 

今年もノーベル賞の授賞者発表の時期になりました。

日本人では、本庶 佑先生ノーベル医学・生理学賞🌷がありました❕

『オプジーボ』という癌治療薬を作る為の、基礎研究をなさっています。

7種類の癌に効果のある薬です✨

 

一般的に私たちが「がん」と呼んでいる病気には、部位により癌・肉腫であったり、色々種類があります。

簡単にいうと「がん」というのは、自分の体の細胞が異常増殖して、止められない状態を言います。

「がん」の発生は自分の体の免疫機構深い関係があるのです📚

 

本庶先生は「免疫抑制の阻害によるがん治療法の発見」をされました。

 

人体には細胞障害性T細胞、というのが免疫機構の中には存在しています。

その細胞の表面「PD-1」というタンパク質が存在していることを発見されました

Programmed death-1の略です✨)

 

そのPD-1は、T細胞の不活性化抑制に重要な役割をもっていること。

さらには、自己免疫(細胞死)から逃れる役割も担っていることが、研究により明らかになったのです。

 

正直、これだけだとどの位すごいのか分かりにくいですね。

最初のころ、100mgのオプジーボが73万円だった❕

というのですから、値段の高さにも驚き😲です。

 

薬の発売までにかかった実験、研究、臨床試験のコストなども、莫大だったのでしょう💦

あまりの高額で保険医療制度を圧迫する可能性が高かったため、薬の金額が下げられてしまいました。

それでも1人治療するのに1年間で800万円くらいかかるそうです。

 

それと本庶先生が素晴らしかったことは、研究だけではないのです❕

 

後進の育成のためにノーベル賞の賞金、がん治療の特許使用料母校に寄付されました。

 

基礎研究の大切さを本当に重んじていらっしゃることが伺えます。

人生の先輩として、見習っていきたい姿勢だと思いました💐

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です