Dr上原 『メタルボンド』

歯科医師の上原 玲子です🌻
趣味は登山、とアロマセラピーです🌲
私は今、座間歯科医院で歯周病治療、予防歯科、小児矯正などをメインに治療させていただいています。

今回は『メタルボンド』について、お話します🎶

 

この写真は、メタルボンドで作ったブリッジと、クラウンです💖

取手歯科クリニックの院長より、写真をいただきました🌼

 

メタルボンドは、頬っぺた側 = 人に見える表側 はセラミックになっています。

そして 舌側 = 見えない裏側 が金属になっているのです👀

 

 

<メタルボンドの長所>

 

・セラミックスは色を微調整できるので、周囲の歯と色が合わせられる。

・噛みあう部分に金属があるので、セラミックだけど割れにくい

・セラミックなので、茶渋やたばこのヤニなど汚れが付きづらい

 

 

<メタルボンドの短所>

 

金属アレルギーが起こる可能性があります。

・金属で裏打ちしているので、年齢を重ねて歯茎が下がってくると、下の金属が見えてくることがあります。

・金属を使用しているので、セラミックのみの被せ物より透明感と明るさが劣ります。

 

 

メタルボンドは、クラウン、ブリッジを作るときに使われます。

割れにくくて、審美的なのですが・・・💦

 

金属アレルギーで、金属フリー❕❕ な治療が必要な場合、メタルボンド以外のセラミックスがお勧めです☕

 

次回は、『金属を含まないセラミックス』について👋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です