Dr上原 『金属アレルギー』

歯科医師の上原 玲子です🌻

趣味は登山、とアロマセラピーです🌲

私は今、座間歯科医院で歯周病治療予防歯科小児矯正などをメインに治療させていただいています。

 

今回は『金属アレルギー』についてお話します。

その名のとおり、金属をアレルゲンとして起こる、過敏反応となります。

どういう仕組みで、アレルギーになるのでしょうか❔

 

かなり化学っぽい話になるのですが・・・

できるだけ簡単にまとめてみました🌼

(化学は目👀には見えないから、私は少し苦手です💦)

 

<金属アレルギーの発生>

金属は汗や唾液などの溶液(水っぽいものですね)と合わさると、電子を放出します💡

電子を失った金属は、陽イオンになって溶けだします。

 

お口の中や、皮膚の上でイオン化した金属は、私たちの体の中のタンパク質とくっつきます。

これは自然な状態では人体に存在しないもので、ハプテンと呼ばれます👓

 

このハプテンがアレルギー(Ⅳ型アレルギー)を起こします💦

 

金属のみでは、アレルギーは起こらない。

自分のタンパク質でも、もちろんアレルギーは起こらない。

 

でも、両者がくっつくとアレルゲンとして認識される😓

こういうのを半抗原 と言うそうです。

 

基本的に金属がイオン化しやすいということは、アレルギーが起こる可能性も高い😭

ということになります。

 

アレルギーは、起こらないほうが良いに決まっています。

そこで次回は『アレルギーのおこりにくい金属』について お伝えしていきます👋

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です