Dr上原 『口腔アレルギー症候群』

歯科医師の上原 玲子です🌻

趣味は登山、とアロマセラピーです🌲

私は今、座間歯科医院で歯周病治療予防歯科小児矯正などをメインに治療させていただいています。

 

さて今回は『口腔アレルギー症候群』です

口腔アレルギー症候群、英語では Oral Allergy Syndrome 、略してOASと呼ばれています📚

フルーツや、生野菜を食べると、数分でお口の中やかゆくなってしまったり、腫れてしまう💦のが症状です。

 

口腔アレルギー症候群は、その名のとおり、アレルギーです。

フルーツや生野菜に含まれるタンパク質をアレルゲンとし、全身の免疫が過剰反応して起こります。

もしアナフィラキシーショックを起こすアレルゲンをとった場合、大変危険⚠です。

 

実は私の妹👧も生の果物や、ナッツにOASがあります。
成人するまでアレルギー検査を受けたことがなく、家族全員知りませんでした💦
 
でも今になって思い出すと、いくつか思い当たる節はありました。
 
幼いころ、家に美味しいモモ🍑があったのに、妹は食べようとしませんでした。
独り占めしては悪いと思い、妹にも勧めてみたところ・・・
 
『モモの味は嫌いじゃないんだけど、喉がイガイガするからいらない』
と言っていました。
 
当時の私は妹がモモを洗わず皮ごと食べているのだと思い
『え? 桃の皮はむいて食べるんだよ?』
とトンチンカンなアドバイスをしていました😓
 
そんな姉の話を聞き流し、食べなかった妹の判断は賢明でした。
 
 
子供が食事で好き嫌いをするときに、アレルギーの可能性も視野に入れておくことは大切だと思います。
 
それでは、次回は『OAS と 花粉症』についてです👋

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です