Dr上原 歯周病関連全身疾患『狭心症』とは

歯科医師の上原 玲子です🌻

趣味は登山、とアロマセラピーです🌲

私は今、座間歯科医院で歯周病治療予防歯科小児矯正などをメインに治療させていただいています。

 

歯周病関連疾患ということで、今回は『狭心症』のお話しをしていきます。

狭心症とは虚血性心疾患(心臓での酸素が十分でないとなる病気)の一種です。

心臓が一時的に酸欠状態なると、胸痛が出るのが特徴📕です。

 

狭心症は一時的な発作が病状で、通常だと発作は30分くらい続くそうです😭

 

安静にしてニトログリセリンの舌下投与をすると5分くらいで良くなります✿

なので狭心症の患者さんはニトログリセリンのスプレーを持ち歩くよう、医師より指示を受けています。

 

私の祖父も狭心症がありました🍵。

私がまだ子供だったころ、祖父が狭心症の発作を起こしているのを見た👀ことがあります。

倒れていた祖父に、父(院長ですね)が手当をし、薬を与えたりして助かったのを覚えています💐

その後、救急車で病院にいき、無事が確認されました✨

 

    

狭心症 くすりは舌下 スプレーよ Byうえはら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です