Dr上原 『歯周病菌と動脈硬化』

歯科医師の上原 玲子です🌻

趣味は登山、とアロマセラピーです🌲

私は今、座間歯科医院で歯周病治療予防歯科小児矯正などをメインに治療させていただいています。

今回は『歯周病菌と動脈硬化』のお話をしたいと思います😊

 

実は動脈硬化している血管で、歯周病菌が見つかって👀います。

口の中👄にいる5種類の歯周病菌が、血管の動脈硬化のところにもいたのです。

 

研究により、歯周病菌動脈硬化より悪化させていることが分かりました。

 

歯周病菌は毒素、炎症性物質(サイトカイン)を出して、歯茎顎の骨破壊🔨していきます。

破壊して傷ついた場所から、歯周病菌が血管に入り込んでしまいます。

歯周病菌は全身の血流にのって移動していきます。

そこで血管にくっついて、動脈が更に固くしたり血栓を作ったりと悪さ⚠をします。

 

また歯周病が重度の方歯周ポケットが深い方ほど血液に菌が入りやすいというデータもあります💦

 

歯周病を治療して、良い状態に維持すること✾は、動脈硬化をお持ちの方にとって大切💓だと言えるでしょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です