Dr上原 『歯周病関連全身疾患』について

歯科医師の上原 玲子です🌻

趣味は登山、とアロマセラピーです🌲

私は今、座間歯科医院で歯周病治療予防歯科小児矯正などをメインに治療させていただいています。

今日は前回の「歯周病」に関連して「歯周病関連全身疾患」のお話をしたいと思います😊

 

歯周病の原因はお口の中の病気ですが、全身の病気とも深い関係があります👓

歯周病ポケットは、歯周病細菌の出す毒素で腫れて血が出やすくなっています。

この傷口から歯周病細菌が血管に入り、血流にのり体全体に広がります😭

歯周病細菌の毒素は全身の血管にダメージを与えてしまい、全身疾患にも影響をおよぼすことが注目されています❕

 

Periodontal Syndrome = 歯周病関連全身疾患症候群

歯周病は糖尿病の合併症であるということは、医科・歯科の世界で有名✨です。
糖尿病以外にも、狭心症・脳梗塞脳血管障害脳卒中・動脈硬化症・誤嚥性肺炎・骨粗鬆症が挙げられます。

歯周病があることで、これらの病気はより悪化することが研究📚から分かってきました。

 

また歯周病の状態が良くない妊婦さんでの早産低体重児出産も問題😓です。

 

次回からは、歯周病と歯周病関連全身疾患の詳細について、1つずつお話していこうと思います🌷

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です