ーお子様の歯の健康は、保護者の方が守る

お子様は自分で上手に歯磨きをすることはできません。
お子様の歯の治療や予防には、保護者の方の協力が必要です。

保護者の方にとってはとても大変な時期ですが、幼少期は「歯医者さんに通う習慣」を身につけさせることができる、良いタイミングでもありま
す。
保護者の方が主体となって、定期的な通院を習慣づけてあげてください。
それは将来的にお子様の歯の健康を守ることにつながります。

 

ー歯医者さんは怖いところ、と思わせない

小さな患者様にも、できるだけ歯科医院への苦手意識を持たせず、『歯医者さんに行くと、歯がキレイになる、楽しい!』と思っていただけるよう、当院では次の3つの方法を取り入れて診療を行っています。

 

ーお子様に対しての3つの取り組み

1.Tender Loving Care
テンダーラビングケア、直訳すると「やさしい思いやりのあるケア」という意味になります。

お子様にとって、見たことのない機械があり、マスクをしている先生がいる歯医者は、未知への不安でいっぱいだと思います。
病気の治療はしなくてはなりませんが、出来る限り怖がらせないよう、声のトーンを柔らかくして、話しかけます。

歯を削るときも表面麻酔を使用して極力痛みを与えないようにし、優しく診療をしています。

2.Tell Show Do Technique
TSD法とも言われる系統的脱感作法で、歯科治療に対する恐怖心をやわらげることを目的に行います。
歯科治療の経験が浅く、何となく不安を強く持っている方に効果的だと言われています。
治療前のお子様にTell(話す)、Show(見せる)、Do(行う)ことによって、段階的に歯科治療に対する恐怖心を克服していきます。
実際の器具をみせて理解をしてもらいながら治療を進めていくので、未知への不安は少なくなります。

3.Operant Condtioning
オペラント条件付けとも言われ、良いことをした場合には正の強化因子を、悪いことをした場合には負の強化因子を与える行動療法です。
具体的にいうと、歯科診療を頑張ろう!と約束をして良い子にしていられたら、思いっきり褒めてあげて、楽しいご褒美を用意しています。