院長 田中 則道

日本の歯科診療は「病気に対する治療」が前提であるため、どうしても患者さんに負担が大きくなる「削る」「抜く」などの治療が多くなってしまいました

私は生まれ持った歯はかけがえのない大切なものだと考えています。
その為、できるだけ「削らない」「抜かない」診療を心掛けています。

子供の歯からむし歯を予防し、必要であれば大人の歯が生えてくる時期に小児歯科矯正を行うこともできます。
一生使う歯だからこそ、子供のうちから歯を守り、しっかりよく噛める大人の歯になることは重要だと言えます。
いくつになっても自分の歯で食事を楽しんで頂くために、当院では定期的なメインテナンスを継続し、病気の予防、早期発見と早期治療を行う予防歯科に取り組んでいます。

歯科への受診を考えていらっしゃる方は、これからどうなるのか、痛みはあるのか等、不安が多いことだと思います。
痛みに対して敏感な患者様には、表面麻酔を使用してからの麻酔注射を行っております。
骨がしっかりとした患者様ですと一般的な浸潤麻酔が効きづらいこともあります。

私は口腔外科の経験もあるため神経の根元から神経の末端までをしびれさせる伝達麻酔を得意としております。
しっかりとした鎮痛を行ってから安全に処置をすすめていきます。

どんな患者様でも安心して診療を受けていただけるよう、コミュニケーション豊かな信頼関係を座間歯科スタッフ一同で目指しています。

経歴
1976年 日本大学歯学部卒業
1976~1978年 岩崎歯科 勤務
1979年 座間歯科医院開業

歯科医師 上原  玲子(旧姓:田中)

幼いころより歯科診療をする父の姿を見ている内に「私も患者さんの役にたちたい」と思い、一念発起し歯科医師となりました。

一生つきあっていく歯だからこそ、病気にせずにできるだけ守っていきたいと思っています。
歯科の勉強をするうちに、むし歯や歯周病に対する予防をする予防歯科、乱れた歯並びを良くする歯科矯正治療に、特に関心を持つようになりました。

歯科矯正学について学ぶため、日本大学松戸歯学部 歯科矯正学講座に入局し診療を学び〝Basic and Advanced Cource in Orthodontics″2年間の研修を修了しました。

日常の診療においては、患者さんと十分にコミュニケーションを交わすことを大切にしています。
お口の中はお一人ずつ違いますし、ライフスタイルや優先事項の考え方も異なります。
どう考えていらっしゃるのか、お話をしっかり伺ったうえで、今の状態と治療方針について説明するよう心がけています。

お子さんの歯並びで何かご不安なことがあったら、どうぞお気軽にお声がけください。